トップページ > ヨガマット選び方ガイド

ヨガマット選び方ガイド

ヨガマットの選び方

ヨガマットの必要性と選び方

必ずしもヨガマットがなければヨガが出来ないということはありませんが、ヨガマットがあればヨガによって得られるカラダへの効果はポーズも力強く安定し数倍にもなります。
そのヨガマットの効果としては

1

グリップ・安定感

数多い立位のポーズでは床との接地面とのすべりをなくすことでよりヨガポーズに集中でき安定したポーズが取れる環境を整える役割を果たします。

2

クッション性

パワーヨガ/ジャザサイズなど動きの大きい立位では膝や足首への負担を軽減し、座位のポーズでは床に久や坐骨が当たる時のクッションとして効果的です。
また床は意外に冷えているので、足元からの冷えを緩和させます。

ヨガマットを選ぶポイントは「厚み」

市場で流通しているヨガマットの厚みとしては「3mm~7mm」が多く見受けられます。
その中でヨガマットを選ぶ基準としては厚みになりますが、当店のヨガマットはどの厚みも非常にソフトに作られていますので選択基準としては「動きの大きいヨガ=厚みがあるマット」「静的ヨガ=薄めのマット」ということでセレクトされることが多くなっています。
ただ厚みの好みには個人差があるのも事実ですので「動きの大きいヨガ」でも個人的好みで薄いマットをセレクトされる方もいます。
最終的には現在使用しているマットや、スタジオのマットの厚みを知って、今より薄めが良い?厚めが良い?という自分の感覚を重要視し「自分の1枚」をセレクトされることをオススメします。

eka ヨガマット一覧

素材/厚さ 薄め(4mm) 標準(6-8mm) 厚め(10mm)
PVC ヨガマット ヨガマット ヨガマット
ヨガマット
TPE
PVCより軽量
- ヨガマット -

eka Yoga Mat Line Up

4mm

ekaのマットの中では1番薄くて、最軽量(910g)のマット
4mmと薄いですが大手メーカーのマットよりは肉厚になり、充分にソフトなマットです。
持ち運びに便利で、動きの少ない静的ヨガやヨガ経験の豊富な方にオススメのタイプになります。

6mm

ekaのマットの中では標準の厚さで万人向けのマット
PVCとTPEの2素材展開で、TPEの方が軽量(1020g)で4mmのPVCと重さ的にはあまり変わらず
持ち運びに便利です。素材のどちらをセレクトするか?はTPEがリバーシブルカラーなので見た目での
セレクトされることをオススメします。
動的/静的なヨガ全般に使えるタイプで、足腰への負担があまり気にならない方へオススメです。

8mm

ekaのマットの中では2番目に厚手のタイプのマット
衝撃吸収に優れた厚みで、足腰への負担と床への防音性にも優れたタイプです。
マンション住まいの方や、よりソフトなマットを好むヨギーにオススメのマットです

10mm

ekaのマットの中では1番厚手のタイプのマットですが重量も1770gと厚みに対し軽量なマット
衝撃吸収に最も優れたタイプで、足腰への負担/床への防音性を気にする方にオススメです。
パワーヨガやジャザサイズなど動きの激しい運動をするヨギーにもオススメのタイプです

専用ヨガマットケース付で送料無料!!お買い得なSpecialSetはコチラ

ヨガマットとヨガマットケースのスペシャルセット